『kazutrip』起業家人生旅人ブログ

ほんの僅かなこの人生、やりたいこと全てやり尽くす。

2年半ホームレス大学生のライフハック。家を持たず自由に生きるということは。

f:id:souma134512:20180511130004p:plain

どうも!!

みなさんこんにちは、「旅する起業家SOMUCH(そうまっち)」です!

 

ー 振り返ること、2年半前。ー

私は、一定の場所に住居地を定めて暮らす「定住」という選択肢を捨てました。そして、世に言う「ホームレス」になりました。

※誤解を招くとまずいので先にお話ししておくと、このような生活様式になった理由は、別に家族間のいざこざや経済的な理由ではありません。

自らのやりたいことの追求と、可能性の最大化を望んでいたら、次第に現在の暮らし方になったという感じでしょうか。 f:id:souma134512:20180410150450j:plain

大学1年生の後期くらいですね。私は地元の青森県内の大学に在籍しているのですが、その頃から大学に通わなくなり、神奈川に拠点を置くようになりました。慶応SFCのインキュベーション施設のみなさんと起業家育成の領域でご一緒にお仕事させていただいていました。そのご縁で全国にセミナーの開催のために行くようになったり。

それから諸々あって、起業して人事周りのコンサルティングや広告代理事業を行うようになったり、東京のベンチャー企業執行役員兼/新卒採用担当兼/新規事業責任者としてジョインしたりする内に、青森、東京、神奈川etc.と活動場所が徐々に増えていったのです。

 

これからお話しさせていただく事に関してですが、定住も過去経験あり「定住する人の考え方」も理解した上で、「定住しない生活の特徴」をお話しさせていただきます。

 

目的は、

◯色々な人と寝食共にするの楽しい

◯自分の可能性を最大化したい

  - 精神的なコンフォートゾーンを抜け出せる

  - 可処分所得を増やせる

  - いきたい場所にすぐにいける

  - 毎日「新しい」に触れられる生活ができる

固定費用の見直し

 主にこんな感じです。

できるだけ拘束されずに自由にいきたい。

まぁ、いうたら実際は誰も私のことなんて拘束していないし。自分を拘束しているのは 自分自身だけだったりしますが。

 

ただ、やりたいことをいつでもやれる準備を常に整え、瞬発力を高められるように。そして、自分の可能性を最大限に発揮するために、私は自宅を持たない選択をしています。

 自宅を持たなければ、場所にとらわれずに生活できますし、考えついた瞬間に、いきたい所にいけてしまう。なんだったら家賃、水道光熱費はかかりません。

先日も、岐阜の知り合いと会う約束をしていたことを思い出し、ヒッチハイクで岐阜に行って来ました。

その流れで名古屋のおもろい人にも会って来て、名古屋コーチン親子丼を食べて。ふと旅に飽きたので東京に戻って来て仕事してました。

では、その可処分リソースをどのように活用しているのか。

大きく分けて二つ。

 

①食費:

f:id:souma134512:20180511002837j:plain

だいたい奢ってもらう事が多いです。ただ、それ以外の自分でお金を支払って食べるときは、基本的に食べたいと思ったものは食べるようにしています。人間、食べたもので身体が形成されているのです。だからこそ、健康状態には人一番気を使っています。高校時代から過労や栄養の偏りによって自律神経をぶっ壊しまくってきた経験があるのでなおさら汗

f:id:souma134512:20180511002904j:plain

そして、美味しい食べ物を食べた時のあの幸福感がたまらん。ずっとお金のことばかり気にして、「食べたいけど。。」と我慢し続けてきましたが、それがもう嫌で嫌で。なので、我慢せずに食べたい時は食べられるようにしています。

好きなものを食べるようにしていると、なんだろう。身体の声に敏感になれるのか、その時に自分が必要としている栄養分が含まれる食べ物に反応して「食べたい!」と感じるのです(不思議なものだ)。

なので、サラダ食べたりお肉食べたりと、いい感じに栄養バランスは取れているのではないでしょうか。ちなみに今朝はふと、うどんが食べたくなったのでうどん屋さんにいきました。

f:id:souma134512:20180511002943j:plain

 (いや、最後うどんの写真ちゃうんかい。笑)

 

②旅費交通費:

f:id:souma134512:20180511003326j:plain

圧倒的に旅費交通費がかります。東京都内にいるときは電車。それ以外は楽しいのでヒッチハイクで移動しています。

souma134512.hatenablog.com

私の中で旅費交通費が一番かかっている部分ではありますが、実際に使っている料金はみなさんと同程度だと思います。とはいえ打ち合わせがめちゃくちゃ多いので旅費交通費はバカになりません。

また少々話は変わりますが、家を借りてしまうと自宅に帰ることが当たり前になり、自ずと自分の活動地域は自宅、オフィス付近になります。すると、毎日新鮮なものに触れる機会が少なくなるのです。

私は毎日、新しいものを見て、新しい人と会って、新しいことを聞いて、体験していきていきたい。

とはいえ、宿泊場所はどうしているのでしょうか?一番多く聞かれる質問かもしれませんが次に宿泊場所についてお話しします。

 

◯宿泊場所は?

f:id:souma134512:20180511010346j:plain

日中は自分のやりたいことをしながら、夜、家主が帰宅する時間になると友人・知人宅に泊まりに行く。毎日そんな生活を送っています。

もしくは、その日に知り合った人の家に泊まらせていただくこともあります。こんな感じにして。

・・・・

「え!じゃあ君いまホームレスなの?!」

「いやーそうなんですよね。笑」

「え!今日はどうするつもりだったの!」

「いや、特に考えてなくて困ってるんですよね~汗笑」

「まじか!w うちくる?笑」

「まじすか!有難うございます!!」

 ただし、本当に見つからないときは、Airbnbで宿を見つけています。常連のところは一泊1,000円で普通のゲストハウスレベルなので非常にいい感じ。もしくはそれも厳しいときは、ただ寝るだけなので漫画喫茶とか行くこともあります。思っている以上にクッション性高いので寝心地いいのです。とか、仕事時間を増やしたいときは移動時間が勿体無くなるので近くのネカフェの方が良かったりするのです。

というように、日頃宿無し生活を送っているのですが、今朝ふと気付いたことがありましたので次にそのお話をしていきます。

 

「ホームレス」は「Home Ress」ではない。

f:id:souma134512:20180511004838j:plain

みなさん、「ホームレス」というとどのような状態をイメージされるでしょうか?

橋の下にダンボールを敷いて暮らす人たち?

私の中でのホームレス。それは、「自宅がない」ということではなく「地球を家にする」ということなのです。別に自宅がなくても、どこでも生活することはできる。

山のなかで自然とともに生きることもできる。ただし、野ざらしでは辛いので、雨をしのぐために屋根を作り、風除けのために壁を作る。気がつくと「家」に近づいているかもしれない。

そう考えるとそもそも「」とはなんなのか考える時があるのです。

今回のお話で使われている意味合いとしては、物体的な「家」というよりも、非物質的、抽象的な「家」です。(少々わかりずらくて、なんの話ししているんだよと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが。)

そして、その抽象的な「家」とは別の表現をすると「心の居場所」であるのです。先ほど、「地球を家にする」ことだとお話ししましたが、それと同時に私のリソースを共有して喜んでくれる人の家も一種私の家と考えると、両者に幸せな形でいられたりするのです。

f:id:souma134512:20180511004650j:plain

正直、状況は人によると思います。私には、信頼しあえる友人が沢山います。「気いつかわなくても、またいつでも来て良いよ。」って、言ってくれる人がいる。

不思議なことに、そういう方達とはだいたい「恩送りの関係」で成り立っています。見返りを求めずに、相手のために、相手が喜ぶようなことをしていたら結果的に自分が困った時に誰かが助けてくれるし、その仕組みが良い感じに回っている。

別にそこにお金が介在するわけではありません。その「お金」の代わりに、相手に対する「想いやり」の心がある。そんな関係がなんかほっこりして好きです。

 

 

f:id:souma134512:20180510235627p:plain

場所にとらわれず、その瞬間一緒にいたい人と面白いことを仕掛けていく。そんな人が沢山の社会って素敵じゃない?

今創っている新しいサービス「スパイワーク」では そんな想いも込められているのです。

 

Q. そもそも、同じ場所に住み続けなければならない理由なんてあるの?

ひと昔前であれば、大学も職場も実際に通わなければならなかったから、その地域に家を建てて住んでいたということは理解できるでしょう。しかし、このインターネットが発展した現代社会において、教育も仕事も場所に拘束されなくなった。別にどこにいても学べるし、リモートワークが主流になりつつあります。その選択を選ぶか選ばないかは正直その人の選択次第だけれど。そう考えると、別に一つの地域に限定して生活する理由はなくなった訳です。

 

という流れで、現在私は選択的ホームレスをしています。

なんならめちゃくちゃおもろいけど、めちゃくちゃリソースが必要な会社の創業期にいる訳です。過去法人経営していましたが、今度は別の新しいの。先ほど少々ご説明していた「スパイワーク」です。

peraichi.com

 

◯気づく頃には。。笑

ということで、サービス開発のために他の仕事を少なくして、時間をつくろうつくろうとしていたらですね。なんと、、気づく頃にはお金がなくなって、本当にホームレスになりそうです。

なので、

・どなたか夜家に泊めていただける方

・ご飯おごってくださる方

募集中です。

 

FacebookでもTwitterでもご連絡ください。

 

ちなみに、私の提供できる価値としては↓

◯「採用活動の相談に乗ります。」

採用コンサルタントとして新卒採用のお手伝いしています。平均30%くらい採用開く率アップしています。採用施策から、ベンチャー/グループ会社のインターンのコーディネートもしています。

◯人のご紹介

日頃日本全国回っていたり、前々から全国のインフルエンサー的な方々と友人だっったりするので適当な人をお繋ぎできるかと思います。 

◯プロデュース(あなたのやりたいこと)

もう3年くらい趣味でプロデュースを行なっています。自称「シリアルプロジェクトプロデューサー」という感じでしょうか。私の特性として、相手のやりたいことの真意を引き出し、相手よりも早く、クオリティ高く実現する事ができるのです。但し、本当にパッションを持ってやりたい人がべるべきだと思うのです。且つ、自分の人生の時間は有限なので本当にやりたいことに時間を投資したいので。

ということで、やりたいことの言語化しかできないけれど、それをどのように実行おすれば良いかわからない人の相談に乗る事が多いのです。

大抵ビジネスモデルが考えられていないので組み立てて、仕組みをつくりあとはプレゼントフォーユーという感じです。

 

他にも色々とできますが、ここでは主にこの3つを書いておきます。他にも相馬にして欲しい事がある人は適宜教えてください。なかなか自分の強みって人に教えていただけないとわからないものですので。

 

ということで、以上!Thank you so much!

少々途中から話が脱線してしましたが、私が日頃している自宅を持たない生き方のご紹介でした!人生の生き方として一つの参考になれば幸いです! 

 

面白がってくださる方はメッセorコメントを!

宿とご飯をWanted!✨